Column

「やり続ける」ということでしか・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

朝イチ、少し久しぶりに 不動産事業の契約を済ませた。
ベルロジックにとっては、これまでで一番大きな契約。
世間的には、とても小さい部類に違いない。

あと2年は大人の事情が絡んでおり、何かと制約があるために攻めの展開がやり難い。
なのだが、しかし今回は力技でねじ込んだという感じ。
何とか強引にではあるけど、引き込むことが出来た。

もう随分と古い歌になるが、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」のフレーズがふと頭によぎった。
そのフレーズを自身のこれまでに重ねてみた。

若気の至り、勢い以外何もなかった創業から17年。
いろいろあって、少しだけ思慮深くなっての設立からはようやく10年目へと。

まだまだこれからなのは十分にわかっている。
変遷を厭わずの結果、当初の業態は全く跡形もない。
それが果たして良いのか悪いのか、これはずっと先の未来の結果に委ねたい。
取捨選択の結果とも言えるのかな。
そうするしか他に選択の余地がなかったというのも本当のところ。

まぁ、ほんとにいろんなことがあったなと。
降りかかった火の粉も含めて、今のところは全部まとめて糧に出来てるんじゃないかなぁって。
これからも、もっといろんなことがあるだろうけど、そこは憂えたところで何も始まらない。

最近は思うところがあってこうしてよく振り返る。

これから着替えてお店へGO!
帰ってから少しだけ汗をかきにGO!
でもって事務所へGO!
仮眠の後、夜は癒しも兼ねた「学び」の場へGO!

こんなことを日々繰り返す中で、想像もしてなかった新しい打ち手の切り口がまた見つかればいいなと思う。

まぁ、生きてるんだから「やっちゃえ」ってことと、
「変わる」「変わらない」どっちでもいいけど、要は「やり続ける」中にしか確かな答え「らしきもの」は見つからないってことを長々と言いたかったわけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください