Column

夢について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夢が「大きい」、または「小さい」と他人からの評価に晒される場面は誰もが経験するのではないでしょうか?幼い頃に特に多いのではないのでは?と感じます。

その頃の名残なのでしょうか、「夢は何ですか?」と尋ねられて、とにかくスケール感のある夢を語ることがこの国では美徳とされがちなところがあるように思えます。

そもそも「夢」の定義って何なのでしょうか?もちろん答えがひとつだというわけではありません。

・人から評価を受けることを前提とした自身の理想像?
・自身の価値に自身で満足出来ている状態?
・とにかくお金で何でも買える欲望を満たしている生活?

上記は極端かも知れませんけれどね・・・

きちんと考えてみませんか?あなたなりの「夢」の定義。

お恥ずかしいですが、私が思う夢の定義は、人が心の中で、「あ、やりたい!」と感じた想いは全てが既に夢だと思っています。

そして夢は追い越せるものであるということ。それは、「出来た。」を感じた瞬間。

そこにたどり着くまでにはもちろん段階があります。

「あ、やりたい!」と感じた想いがまずは最初の「夢」。スケールは一切不問です。小さな、ささやかなものでいいんです。私は小さければ小さいほどいいとさえ思っています。

例えば、
「家族と旅行に行きたい!」
「趣味の小物づくりで作った作品を誰かに見てもらいたい、そして出来ればそれを売れることが出来ればいいんだけれど。」など。
ほんの些細な想い、もうそれは「夢」なんです。

となればいくつあってもいいものですよね。多すぎては収集がつかないですが、多いのはいいことです。

だたこれは「夢想」の段階。書いて字の如く、夢を想う。

その想ったことに対して、現実化するための取り組みが始まれば次の段階の「夢中」。自分と夢が渾然一体とならないようにしなければなりません。

覚えがあると思いますが、夢中で視野が狭くなれば時間を忘れて何かに没頭し、ふと我に返った時には道を間違えてたり、他者(協力者)の心の動きを感じる余裕がなくなってたりなど。

失念しているのは、夢との距離感、方向感覚、情熱的な冷静さと持久力です。

「夢中」の状態は現実化に向けて取り組んでいる最中なので自分の存在価値が磨かれます。周りからは「輝いている」と表現されるので、その言葉がまた欲しくなり頑張る。努力や夢中になっている自分を好きになる。すごくいい相乗効果ではありますが、忘れてはならないのが独りよがりです。他者との関わりは何よりも大事にしなければならないです。

そして、いくつもいくつも「夢」を追い越しているうちに発見するものがあるんです。それが「ミッション」というもの。

自分が社会に対して何が出来るのか、その可能性を発見できます。社会に対してではなくても、大切な誰かに対してとか。

自分がなぜここに存在して何を成すべきか、という視点に初めて立つことが出来るんです。

まだこの後には冷静さが伴っていることを大前提として方向やペースの修正も必要です。また、何らかのアイテムが必要ならば揃えなければなりません。

夢がミッションに繋がるのは言い過ぎなのでは?と思われる方も居られるかも知れませんね。

次回にそのあたりのことをお話させて頂きたいと思います。


今回のまとめ・・・

・「あ、やりたい!」と心で感じたものは夢。
・「出来た!」の瞬間、夢は追い越せてる。
・夢にはいくつかの段階がある。それは「夢想」→「夢中」
・夢中には距離感、方向感覚、情熱的な冷静さや持久力が必要。
・夢をいくつも追い越す中で「ミッション」が見えてくる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください